清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

公開日:  更新日:

 移籍が注目されればされるほど、特に移籍1年目は他球団の攻め方も違う。打たれた投手の方もクローズアップされるから、恥をかきたくないと目の色を変えるのだ。

 巨人1年目の清原もシーズンで12個の死球を当てられた。もともと、“デッドボール王”だが、移籍前年の西武での死球数は6。倍に増えた。落合も移籍1年目に前年の4から6に死球が増え、左わき腹や左手首に当てられた影響が成績に直結した。村田も巨人1年目には、リーグ最多の15死球をもらった。相手投手の徹底した厳しい内角攻めも、巨人のFA野手にはつきものだ。今季は125試合の出場で、打率.306、39本塁打、97打点をマーク。2年連続セ・リーグMVPを受賞した丸もその洗礼を浴びる可能性が高い。

■状況酷似の小笠原も

 そんな中、巨人のFA野手で数少ない成功例といわれるのが、2006年オフにパ・リーグMVPの実績を引っさげて日本ハムから入団した小笠原である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る