FA市場で争奪戦に ハーパーが所属チーム10年340億円を拒否

公開日: 更新日:

 今オフも大型契約が成立しそうだ。FA市場の目玉であるブライス・ハーパー外野手(26)が、今季まで所属したナショナルズから10年総額3億ドル(約340億5000万円)の条件提示を受けたという。7日(日本時間8日)、チーム公式サイトが伝えている。

 2015年のナ・リーグMVPを巡ってはナショナルズの他、ドジャース、カージナルスなどが関心を寄せているとされ、争奪戦に発展するのは確実。

 敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏は、スタントン(現ヤンキース)が14年にマーリンズと結んだ北米プロスポーツ史上最高額の13年379億円を超える規模の契約を見込んでいるとされる。

 複数の米メディアによればハーパーは、すでにナショナルズのオファーを拒否し、古巣に対して更なる条件の上積みを要求しているという。

 ボラス氏の交渉次第では400億円規模にまで高騰すると予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る