FA市場で争奪戦に ハーパーが所属チーム10年340億円を拒否

公開日:

 今オフも大型契約が成立しそうだ。FA市場の目玉であるブライス・ハーパー外野手(26)が、今季まで所属したナショナルズから10年総額3億ドル(約340億5000万円)の条件提示を受けたという。7日(日本時間8日)、チーム公式サイトが伝えている。

 2015年のナ・リーグMVPを巡ってはナショナルズの他、ドジャース、カージナルスなどが関心を寄せているとされ、争奪戦に発展するのは確実。

 敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏は、スタントン(現ヤンキース)が14年にマーリンズと結んだ北米プロスポーツ史上最高額の13年379億円を超える規模の契約を見込んでいるとされる。

 複数の米メディアによればハーパーは、すでにナショナルズのオファーを拒否し、古巣に対して更なる条件の上積みを要求しているという。

 ボラス氏の交渉次第では400億円規模にまで高騰すると予想されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る