田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

大学時代の苦い経験…僕が必ずリストバンド着けていた理由

公開日:

 そりゃあ、気にもなります。

 早大時代のことです。東京・東伏見のグラウンドに、毎日のようにスーツ姿で現れるスカウトさんがいました。自由獲得枠があった時代。プロアマ規定で直接、話をしてはいけないのですが、人づてにヤクルトの宮本賢治スカウト(現ファームディレクター)だと聞きました。

 当時の小田義人スカウト部長(故人)のスーツ姿を見たこともあります。グラウンドで練習を見るために、スーツをビシッと決めている。プロのスカウトってかっこいいなと思ったものです。

 1年前に先輩の青木宣親さんがヤクルトへ入団していましたし、小田さん、宮本さんの印象も含めて、ヤクルトへ入りたい気持ちが高まりました。

 14年というプロ野球生活が長いのか短いのかは自分では分かりませんが、プロ入りのきっかけをつくってくれたスカウトへの感謝の気持ちは最後まで持ち続けてきたつもりです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る