山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

3度目の巨人監督に 正真正銘の「原野球」が見られるのか

公開日: 更新日:

 原辰徳新監督の就任に伴い、巨人の来季コーチ陣が発表された。ざっと顔触れを見渡したところ、過去2度の原巨人とは少し異なる印象を受けた。打撃総合コーチの吉村禎章にしろ、投手総合コーチの宮本和知にしろ、その他の水野雄仁、後藤孝志、元木大介にしろ、みんな現役時代に原監督と共にプレーした巨人の後輩なのである。

 ここで過去と比較してみる。まず2002年からスタートした第1次原巨人だが、当時は新米の青年監督という位置づけだったからか、一軍コーチ陣にはヘッドコーチの鹿取義隆や総合コーチの篠塚和典ら、原監督よりも年上(先輩)が名を連ねていた。結果、原監督は初年度でいきなり巨人を日本一に導いたものの、翌年は3位に沈むとあっさり辞任。たった2年の任期であった。

 その後、再び巨人監督のお鉢が回ってきたのは06年。このときも横浜ロッテで監督も務めた大ベテランの近藤昭仁をヘッドコーチに据え、さらに投手総合コーチにこれまた豊富なコーチ実績と経験を誇る尾花高夫を招くなど、原監督よりも年上(先輩)の指導者が脇を固めた。その布陣からは原監督を一人前の監督に育てようという巨人側の意図が感じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る