山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

3度目の巨人監督に 正真正銘の「原野球」が見られるのか

公開日:

 原辰徳新監督の就任に伴い、巨人の来季コーチ陣が発表された。ざっと顔触れを見渡したところ、過去2度の原巨人とは少し異なる印象を受けた。打撃総合コーチの吉村禎章にしろ、投手総合コーチの宮本和知にしろ、その他の水野雄仁、後藤孝志、元木大介にしろ、みんな現役時代に原監督と共にプレーした巨人の後輩なのである。

 ここで過去と比較してみる。まず2002年からスタートした第1次原巨人だが、当時は新米の青年監督という位置づけだったからか、一軍コーチ陣にはヘッドコーチの鹿取義隆や総合コーチの篠塚和典ら、原監督よりも年上(先輩)が名を連ねていた。結果、原監督は初年度でいきなり巨人を日本一に導いたものの、翌年は3位に沈むとあっさり辞任。たった2年の任期であった。

 その後、再び巨人監督のお鉢が回ってきたのは06年。このときも横浜やロッテで監督も務めた大ベテランの近藤昭仁をヘッドコーチに据え、さらに投手総合コーチにこれまた豊富なコーチ実績と経験を誇る尾花高夫を招くなど、原監督よりも年上(先輩)の指導者が脇を固めた。その布陣からは原監督を一人前の監督に育てようという巨人側の意図が感じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る