山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

中日・岩瀬ほどの大投手がMVPに一度も選ばれなかった意外

公開日: 更新日:

 西武・松井稼頭央、広島・新井貴浩、巨人・杉内俊哉、中日・荒木雅博ら、今季も多くの名選手が現役を引退した。中でも中日の大クローザー・岩瀬仁紀の引退は個人的に感慨深いものがある。私は虎党だから、クローザーといえば全盛期の藤川球児が思い浮かぶのだが、そんな球児の先にはいつも岩瀬がいた。

 ご存じ、岩瀬が記録した通算1002試合登板と407セーブはいずれもプロ野球史上最多であり、かつて大魔神と恐れられた横浜の名クローザー・佐々木主浩をもはるかに上回る。さらに最優秀中継ぎ投手や最多セーブなどの個人タイトルも数々獲得し、中日のリーグ優勝や日本一にも幾度となく貢献。岩瀬は頂点を極めた投手であった。

 しかし、なぜか彼にはシーズンMVPの経験がない。これだけの成績を残したレジェンド中のレジェンドであり、優勝経験も豊富なのだから、普通に考えれば1度や2度はMVPに“選ばれて”いてもおかしくないのだが、ただの一度もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る