山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

不祥事で話題に “故郷”を失った近鉄OBの切なさと悲しみ

公開日:

 先日、法政大学硬式野球部の真木将樹助監督が過去に起こした部員への暴力事件と報告遅れなどにより、4カ月の謹慎処分を受けた。真木助監督は元近鉄のドラフト1位投手で、引退後は実業家としても活躍していた。

 その少し前、同じく元近鉄のドラフト1位投手で、名古屋経大高蔵高校硬式野球部の酒井弘樹監督も部員に暴力的指導を行ったとして、謹慎処分を受けた。さらに今年9月には元近鉄のリリーフエースで、引退後は野球解説者として活躍していた佐野慈紀氏が、元同僚である野茂英雄氏から多額の借金の返済未払いにより訴訟を起こされるというニュースもあった。

 これらを受けて、私は元近鉄という共通するワードに引っかかった。いや、断っておくが、「だから元近鉄は――」とか「大阪の昭和的ないてまえ野球で育ったから――」とか、そういった元近鉄の体質みたいなものに言及するつもりはない。そもそも、たった3つの事例でそれは無理がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る