阪神4位・斎藤友貴哉 脱サラした父は居酒屋で月商100万円

公開日:

 野球の申し子だ。斎藤友貴哉(23=投手、ホンダ)の父・雄一さん(53)は山形の東根工高(村山産業高に統合)の野球部でショートを守り、母・千架子さん(53)も山形城北高のソフトボール部でセカンドだった。

 中学時代はソフトボール部だった雄一さんが野球を始めたのは高校から。就職後も10年ほど会社の軟式チームで野球を続けた。

 千架子さんは子どものころからバレーボールやバスケットボールなど球技が好きだった。3歳上の姉の友香理さん(26)も、高校のソフトボール部でショートを務め、県大会で上位に食い込んだこともある。

 斎藤はそんな両親のもとに1995年1月15日、第2子として生まれた。身長55センチ、体重3600グラムの大きな赤ん坊だった。

 千架子さんは斎藤が野球を始める直前の小学2年から1年ほど、水泳を習わせた。野球をやる前に基礎を身に付けて欲しかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る