アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

公開日: 更新日:

 久しぶりの「師弟共演」で会場は盛り上がった。

 去る11日、大阪市内のホテルで行われた前阪神監督・金本知憲氏(50)の殿堂入りを祝う会。花束贈呈役として矢野燿大阪神監督(50)とともに壇上に上がったのは、今季限りで現役を引退した前広島新井貴浩氏(41)。揃ってユニホームを脱いだ「兄弟」を巡って、会場ではこんな話がささやかれていた。

「新井さんは今季途中、金本さんから『阪神でコーチをやらないか』と声をかけられていた」と、古株の球界OBがこう補足する。

「新井は夏場には引退を決断していた。新井の自宅は阪神在籍時から神戸にある。一方、2020年までの3年契約を結んでいた金本には、来季に向けて右打者の打撃コーチを招聘する構想があり、イの一番に頭に浮かんだのが新井だった。この話を嗅ぎつけたマスコミが“新井招聘か”と動いたほど。とはいえ、新井は広島の大スター。リーグ3連覇に貢献し、絶大な人気を誇る。将来の監督候補でもある。外から野球を勉強したい気持ちもあって、丁重に断った」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る