女子バレー代表・黒後愛 「全てを東京五輪につなげたい」

公開日: 更新日:

 バレーボール東レアローズの黒後愛(20)は、日本女子代表を牽引する若きアタッカーだ。2018年5月のネーションズリーグ(ブラジルほか)で代表デビューを果たすと、秋の世界選手権(9~10月、日本)では、チーム2位の107得点をマークした。長年、日本女子のエースを務めてきた木村沙織(17年引退)の後継者としても期待される。

 ――代表デビューを果たした18年を振り返ると?

「全日本は自分が目指してた場所なので、初めて選ばれた時はうれしさでいっぱいでした。選ばれた以上は世界選手権で活躍したかったし、結果を残したいと思っていたのですが……」

 ――エースアタッカーとして107得点では物足りなかった?

「個人のプレーは納得していません。日本のバレーは粘って粘ってというイメージで、ディフェンス面ではもっと貢献しなければいけなかったし、アタック面でも多彩な攻撃を自分からもっと積極的に仕掛けていくべきだったと反省しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る