東京五輪女子レス50kg級“金”に不安…選考法の透明化がアダ

公開日:

 20日に開幕したレスリングの全日本選手権(東京・駒沢体育館)。今大会は五輪4連覇の伊調馨(34)と、リオ大会63キロ級金メダルで今年の世界選手権覇者の川井梨紗子(24)による女子57キロ級での新旧女王の直接対決に注目が集まる。

 東京五輪代表選考が本格化する中、早くも20年大会での金メダル取りを不安視されているのが女子50キロ級だ。

 この階級は世界女王の須崎優衣(19)が、11月の練習中に右肘靱帯を損傷。今大会への出場の可否は試合当日(22日)に患部の状態を見極めてからになる。仮に欠場となれば、メダル獲得で東京五輪の代表を得る来年の世界選手権出場は危うくなる。現時点で、須崎の次に世界選手権出場を有力視されるのはリオ五輪48キロ級を制した登坂絵莉(25)、今年のアジア大会2位の入江ゆき(26)の2人。いずれも国際大会での実績があるとはいえ、協会関係者は「先の世界選手権で決勝までの4試合すべてフォール勝ち(テクニカルフォール含む)した須崎の実力は本物。登坂、入江では五輪の金メダル獲得は厳しい」とみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る