駅伝大国ニッポンを蝕む“鉄剤”依存…使用は昭和の時代から

公開日: 更新日:

 陸上長距離界では知らぬ人がいない「クスリ」だった。

 読売新聞が9日、「高校駅伝で鉄剤注射」の見出しで報じた記事が陸上界だけでなく国内のスポーツ関係者の間で注目されている。日本陸上競技連盟(以下、陸連)が2016年4月に使わないように警告していた貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたという内容だ。

 この記事では陸上関係者の話として、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に00年ごろから全国に広まった、とあるが、某大学陸上部の元関係者は「昭和の時代から使われていた」とこう続ける。

「今回は読売新聞の記事でこの問題に火がついたわけですが、『鉄剤』投与については5年前にも朝日新聞が報じて警鐘を鳴らしていた。女子の駅伝が始まったのは1980年代だが、男子はその前から使っていた。当時は『造血剤』と呼ばれ、練習でヘロヘロになると『おい、造血剤を打ち込むぞ!』と言ってハッパをかける監督もいました。造血剤を打てば男子の5000メートルで20秒から30秒は違いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化