駅伝大国ニッポンを蝕む“鉄剤”依存…使用は昭和の時代から

公開日:  更新日:

 陸上長距離界では知らぬ人がいない「クスリ」だった。

 読売新聞が9日、「高校駅伝で鉄剤注射」の見出しで報じた記事が陸上界だけでなく国内のスポーツ関係者の間で注目されている。日本陸上競技連盟(以下、陸連)が2016年4月に使わないように警告していた貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたという内容だ。

 この記事では陸上関係者の話として、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に00年ごろから全国に広まった、とあるが、某大学陸上部の元関係者は「昭和の時代から使われていた」とこう続ける。

「今回は読売新聞の記事でこの問題に火がついたわけですが、『鉄剤』投与については5年前にも朝日新聞が報じて警鐘を鳴らしていた。女子の駅伝が始まったのは1980年代だが、男子はその前から使っていた。当時は『造血剤』と呼ばれ、練習でヘロヘロになると『おい、造血剤を打ち込むぞ!』と言ってハッパをかける監督もいました。造血剤を打てば男子の5000メートルで20秒から30秒は違いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る