駅伝大国ニッポンを蝕む“鉄剤”依存…使用は昭和の時代から

公開日: 更新日:

 陸上長距離界では知らぬ人がいない「クスリ」だった。

 読売新聞が9日、「高校駅伝で鉄剤注射」の見出しで報じた記事が陸上界だけでなく国内のスポーツ関係者の間で注目されている。日本陸上競技連盟(以下、陸連)が2016年4月に使わないように警告していた貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたという内容だ。

 この記事では陸上関係者の話として、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に00年ごろから全国に広まった、とあるが、某大学陸上部の元関係者は「昭和の時代から使われていた」とこう続ける。

「今回は読売新聞の記事でこの問題に火がついたわけですが、『鉄剤』投与については5年前にも朝日新聞が報じて警鐘を鳴らしていた。女子の駅伝が始まったのは1980年代だが、男子はその前から使っていた。当時は『造血剤』と呼ばれ、練習でヘロヘロになると『おい、造血剤を打ち込むぞ!』と言ってハッパをかける監督もいました。造血剤を打てば男子の5000メートルで20秒から30秒は違いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る