全豪制覇へ弾み 錦織圭3年ぶりツアーV“もう一つの収穫”

公開日:

 東京の敵をオーストラリアで討った。

 6日のブリスベン国際決勝。世界ランク9位の錦織圭(29)が、昨年10月の楽天オープン決勝で敗れた同16位のメドベージェフ(22=ロシア)に6―4、3―6、6―2で雪辱した。

「去年ケガをしたが、ここまで回復した。勝ててうれしい。今年は素晴らしいシーズンにしたい」とは本人だ。

 2016年2月のメンフィスオープン以来、約3年ぶり、通算12勝目のツアー制覇。今大会で落としたのはこの日の2セット目だけ。14日に始まる全豪オープンの前哨戦に勝って、本番に向けて弾みがついたのは間違いないが、それより何より本人にとってデカいのは久々にツアーで優勝したという事実だ。

 ここまで決勝は9連敗中。いいところまでは行くのに勝ち切れない。本人は否定するも、このまま永遠に勝てないんじゃないかという不安は頭の片隅にあったはず。負の連鎖を断ち切ったことは大きな収穫になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る