全豪8強以上の期待も…錦織圭の今大会の敵は若手ズベレフ

公開日: 更新日:

 今季を占う一戦になる。

 昨季の錦織圭(29=世界ランク9位)は、右手首の故障から復活。トップ10へ返り咲いた。すでに2019年のツアーは開幕しており、3日の「ブリスベン国際」準々決勝でディミトロフ(ブルガリア)をストレートで退け、ベスト4進出を決めた。

 次戦は今季のグランドスラム初戦の全豪オープン(14日開幕)だ。錦織はこれまで12、15、16年のべスト8が最高成績だが、「体調万全で臨む今年はそれ以上の成績が期待できる」と言うのは、31日から現地入りしているテニスジャーナリストの塚越亘氏だ。

「錦織は昨年、故障しているときのトレーニングで体が随分強くなった。昨年の全米ぐらいからいいテニスができている。11月のファイナルズ後の短いオフのトレーニングも充実していました。全豪はかなりいい状態で迎えられるはずです。ライバルについて言えば、右肘痛で低迷していた強敵のジョコビッチ(31=同1位)が昨年、ウィンブルドンと全米に優勝。史上初のキャリアゴールデンマスターズ(マスターズ1000の9大会全制覇)も達成した。連戦の疲労や目標を成し遂げた達成感がどう出るか。昨年の全米準決勝ではジョコビッチにストレート負けしたが、今の錦織なら付け入る隙があるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る