決勝戦で9連敗…錦織圭がアンダーソンの高速サーブに脱帽

公開日: 更新日:

 また、優勝トロフィーを逃した。

 男子テニスのエルステバンク・オープン(ウィーン)は28日(日本時間29日未明)、世界ランキング11位で第5シードの錦織圭(28)が、同8位のケビン・アンダーソン(32=南アフリカ)にセットカウント0―2でストレート負け。2016年2月のメンフィス・オープン以来約2年8カ月ぶりのツアー通算12勝目を逃し、決勝で9連敗である。

 錦織は長身(203センチ)から繰り出される最速220キロ超の強烈なサーブに苦戦し、第1サーブに反応できないシーンも目立った。第2セットはタイブレークまで持ち込みながら、最後はセンターにサービスエースを決められ、競り負けた。

 2時間近い打ち合いを落とした錦織は「相手のプレーがとてもよかった」と脱帽。2年半以上も優勝から遠ざかっていることに「いいテニスを続けられるように努力するだけ。そうすれば、いつか勝てる」と自分に言い聞かせるように話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る