日産と契約の国内外スポーツ界 ゴーン会長逮捕でどうなる

公開日: 更新日:

 成り行き次第では、「こっち」への影響も計り知れない。

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長(64)が19日、役員報酬を巡る金融商品取引法違反容疑で逮捕され、ゴーン容疑者が会長を兼務している日産、ルノー、三菱自動車の株価は暴落した。

 会長逮捕に怒り心頭なのは株主だけではない。日産は2009年、経費を減らすため国内外で正社員を含む2万人の従業員を削減。すべての運動部の活動休止を決めた。ゴーン容疑者が役員報酬を過少申告したとされる金額は約50億円。それだけのカネがあれば、休部している運動部も復活できたはずだ。

 問題は今後だ。

 日産は多額の資金を投入し、国内外のスポーツ選手や競技をサポートしている。女子テニスの大坂なおみ(21)とは9月にスポンサーシップ契約を結び、1870万円の高級スポーツカーGT―Rを贈呈。14年にスポンサーになったサッカー欧州CLとの契約は昨年、21年シーズンまで延長したが、最初の4年間で3億ドル(約336億円)を支払ったと報じたメディアもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る