イライラ錦織…自滅でティエムに敗れツアー最終戦SF逃す

公開日:

 男子テニスの年間上位8人による今季最終戦ATPファイナル(ロンドン)は15日、シングルス1次リーグB組最終戦を行い、錦織圭(28)がドミニク・ティエム(25=オーストリア)にセットカウント0―2のストレート負け。1勝2敗で準決勝進出を逃した。

 錦織は第1セット序盤からサーブが決まらない。苦しい展開を強いられ、第2、6ゲームと2度のブレークを許す。不甲斐ない自身への苛立ちから、ラケットを叩き付けて、怒りをあらわにするシーンも見られた。

 得意とするストローク戦でも精彩を欠いた。勝負どころでリターンが決まらず、ミスを連発。ミスショットが重なり、試合の流れを変えられない。第2セットも相手のサービスを破ることなく完敗である。

 対戦成績3勝1敗と得意な相手に敗れた錦織は「ほぼ試合にならなかった」とがっくり。「ミスするのが早かった。サーブが入らず、自然と自分に重圧をかけていたのが一番の原因」と自己分析した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る