田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

決勝2チーム筆頭に…高校サッカーGKのレベルアップを実感

公開日: 更新日:

 年末年始を心安らかに過ごすことができた。

 高校サッカー選手権で母校である秋田商が勝ち進み、32大会ぶりのベスト8に入ったからだ。

 1957年度、66年度の大会で選手権優勝を果たし、通算出場も今大会で44回目を数えて全国最多記録を更新した。誰もが「古豪」と呼んでリスペクトしてくれるが、この言葉がどうしても好きになれなかった。

 秋田県勢は「13大会連続して初戦敗退」という不名誉な記録を続けていた。そのうち秋田商が9回。昔は強かったかもしれない。でも今は落ちぶれてしまい……。何だか同情されているような気がして「古豪」と言われるたびに心が乱れた。

 もちろんベスト8に慢心しては、また同じことを繰り返してしまうことになる。昨年秋に人工芝グラウンドが完成。「ボールをつないで」「攻守の連係を熟成させる」ことを推し進め、もう二度と古豪と呼ばれないように後輩たちには、精進に精進を重ねてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る