田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

アジア王者鹿島にも世代交代の大きな波が押し寄せる

公開日:

 師走を迎え、UAEで行われたクラブW杯(12~22日)に注目した。

 アジア王者の鹿島は準決勝でレアル・マドリード(スペイン)に、3位決定戦でリーベルプレート(アルゼンチン)に敗戦を喫した。

 鹿島が大きく見劣りしたわけではない。19歳のMF安部を筆頭にFW土居、DF山本といった選手の躍動感あふれるプレーも印象に残った。しかし、欧州王者の圧倒的な個人技、南米王者のしたたかな試合運びに、してやられた格好である。

 決勝に進んだ開催国UAEのアルアインには元広島のDF塩谷(30)が在籍していた。2017年春に「塩谷にUAEからオファー」と聞いて、「器用貧乏タイプ。どうしても欲しかったのかな……」と思った自分を恥じた。

 守備的なポジションならどこでもソツなくこなし、攻め上がると攻撃系選手並みのパフォーマンスを見せてくれた。中東の強豪は、金に飽かして選手を世界中からかき集めているイメージがあったが、「選手を見る目はあるじゃないか!」と深く感じ入った次第――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る