大坂なおみの世界1位を手放しで喜べないテニス協会の胸中

公開日: 更新日:

「日本テニス協会はもとより日本全国民が大変喜び、称賛しています。全米オープン優勝のとき以上にまわりの選手からも研究され、プレッシャーも大きい中での優勝は本当に素晴らしいことと、心より敬意を表します」

 大坂なおみ(21)が昨年の全米オープンに続いて全豪も制覇、4大大会を連覇したことに関して、こうコメントしたのは日本テニス協会の畔柳信雄会長だ。

■男女通じて破られない記録

 大坂は現在、日本と米国の二重国籍だが、選手登録は日本。昨年4月の国別対抗戦フェド杯で代表になったため、国籍移動を3年間禁じたオリンピック規則により、2020年東京五輪は日本代表としてしか出場できない。本人も母親の祖国で行われる五輪への出場に前向きだそうだから、日本のエースの快挙を協会が手放しでたたえるのは当然と思ったら、本音は別だという指摘がある。さる放送関係者が声を潜めてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  10. 10

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

もっと見る