風呂の異臭も指摘…ヤクルト青木“グラウンド外”も改革貢献

公開日:

 13日、ヤクルトの青木宣親外野手(36)が現状維持の年俸3億3000万円(3年総額10億円)でサイン。今季、米大リーグから7年ぶりに古巣へ復帰すると、リーグ4位の打率.327をマークした。

 青木が交渉の席で時間を割いたのは、チームの環境改善についてだった。

「一年通して気付いた点とか改善する点を言わせてもらった。主に施設面。クラブハウスの下水管が古くてお風呂場が臭いので直してほしいとか。できればサウナもつけてほしいと思うけど、スペースの問題もあるし、(明治)神宮の持ち物なので、どこまでできるか分からないですけど。室内練習場にはエアコンをつけるらしいので、快適になると思います」

 ヤクルトは最下位に沈んだ昨季から今季2位に浮上。「精神的支柱となった青木の存在が大きい」といわれてきた。それはグラウンド内に限らない。テンションを上げるため、試合前の決まった時間にクラブハウス内でノリのいい音楽を爆音で鳴らすことを提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る