八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

アジアの底上げ実感 日本は苦戦続きに追い込まれないか?

公開日: 更新日:

 アジアカップはカタールの初優勝で幕を閉じましたね。1―3で負けた森保ジャパンは、数字上では完敗かも知れませんが、前半12分のカタールFWアリのオーバーヘッドキックが決まっていなかったら、勝負の綾はどうなっていたか……。  決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦が顕著でしたが、たとえボール保有率が23%だったとしても、たとえ攻守がチグハグしても、森保ジャパンは粘り強く試合を進め、準決勝までの6試合のうち5試合を「1点差」で勝ち上がりました。アジアカップで優勝を逃した経験を3月のキリンチャレンジ杯にどう生かし、6月のコパ・アメリカでどんな結果を出してくれるのか? 注目したいと思います。

 前回コラムで「参加24カ国中の欧州出身監督が16人。欧州サッカーと関わりのあるアルゼンチン人2人を加えると18人の指導者が、アジアサッカーをどう変えたか?」について考えてみました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る