高梨が自己ワースト…女子大生ジャンパーは起爆剤になるか

公開日: 更新日:

 ノルディックスキー世界選手権(オーストリア・ゼーフェルト)は27日、女子ジャンプ個人戦を行い、平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(22)は6位。初出場だった11年大会以来の自己ワースト順位に終わった。これで、今大会の日本勢女子は、6位と惨敗した前日の団体と合わせ、2種目を終えてメダルなし。

 今季のW杯はここまでわずか1勝と不振が続く高梨とは対照的に、着実にステップアップしているのが女子大生のジャンパーの丸山希(20=明大)だ。この日のジャンプでは17位と振るわなかったが、W杯はここまで18試合に出場して、表彰台はないものの、30位以内に与えられるW杯得点を第2戦から7戦連続で獲得。個人ランキングは22位で、日本勢では高梨(3位)、伊藤有希(14位)に次ぐ3番手に付けている(27日現在)。欧州勢のレベルアップが目覚ましい中、初参戦としては、まずまずの結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る