権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

不調の阪神・藤浪は先発に固定せず中継ぎでの再生はどうか

公開日: 更新日:

■キャンプで彼と話したこと

 阪神が沖縄で行っていたキャンプで、藤浪晋太郎(24)と話をした。

 球団、ファンの多くがそうであるように、私も彼には大きな期待を寄せている。2017年のWBCでは日本代表投手コーチの立場で藤浪の侍ジャパン入りを強く推し、チームに加わってもらった。

 大会前年の藤浪は7勝11敗、防御率3.25。成績だけを見れば彼を上回る投手は何人もいた。しかし、「日本代表」を名乗る以上、藤浪を招集しない理由はないと思った。その実力は日本ハムの大谷翔平(現エンゼルス)、巨人の菅野智之と並んで日本のトップと評価しているからだ。

 周知の通り、その藤浪がここ数年、本来の実力を発揮し切れていない。ブルペンでの投球練習を見ても、迷いが感じられたのは確かだ。ノックを受けても、一塁手へ下から送球している。制球難を克服しようともがき、試行錯誤しているうちに、どんどん悩みが深くなっているのだろうと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る