虎ファン失望…不可思議采配が巨人戦“三重苦”ボロ負け招く

公開日: 更新日:

 矢野燿大新監督(50)率いる阪神が2日、巨人との平成最後の東京ドームでの伝統の一戦・第1ラウンドでボロ負けを食らった。

 先発した新外国人ガルシアは初回、3番丸に一塁線を破られ、あっさり先制点を献上。0―1の無死二、三塁で打席に4番岡本を迎えると、矢野監督は三塁手、遊撃手はそのままで、二塁手のみ前進守備を指示した。岡本はシフトの網にかかり二ゴロ。が、1死二、三塁になると、なぜか二塁手を定位置に下げ、陽岱鋼の何でもない二ゴロの間に2点目を失った。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

「テレビ解説の赤星氏が『せっかく岡本の時は前進守備で止めたのに、なぜ1死になって下がったんでしょうか』と言っていたように、不可思議采配でしたね。ただし、二塁手だけとはいえ、初回に相手が4番の場面で前進を指示することがまず異例。『阪神は余裕がありません』と暴露するようなものですから。5番になったところで、後ろに下げたのはさらに不可解。阪神は開幕カードで4得点しかできなかった。貧打だから序盤の1点でも惜しいというなら、5番の陽の時も二塁手は前進のはず。もしくは、岡本の時は下がっていて、1死になったから前進守備を敷くというならまだ分かる。しかし逆ですから、全く意味不明です。矢野監督が就任し、どんな野球をやるのか楽しみにしていた阪神ファンをガッカリさせるチグハグな采配。巨人ベンチの原監督も『阪神は何やってんだ?』と思ったはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る