田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

森保J代表監督には“広告塔”としても世間を騒がせてほしい

公開日: 更新日:

 5月に入るとサッカー界は、大きなイベントが目白押しである。

 23日からポーランドでU―20(20歳以下)のW杯(決勝は6月15日)が開催される。

 メンバー入りが予想されるFC東京の17歳MF久保が、どんなアイデアで仕掛けながら攻撃陣を操っていくのか、非常に興味深い。

 6月10日はフランスで開催される女子W杯で日本女子代表(なでしこジャパン)が、アルゼンチンとの初戦を迎える。

 そして森保一監督(写真)率いる男子日本代表である。

 6月14日にパラグアイで南米選手権(決勝は7月7日)が開幕。カタールと日本が招待されているので南米勢を交えた12カ国で優勝を争う。

「日本やカタールが優勝しても南米王者と呼ばれるのか?」という素朴な疑問を抱きつつ、代表関連のビッグな大会が近づいてきているというのにサッカーの話題が、巷からあまり聞こえてこないのはなぜなんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る