田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

森保J代表監督には“広告塔”としても世間を騒がせてほしい

公開日: 更新日:

 5月に入るとサッカー界は、大きなイベントが目白押しである。

 23日からポーランドでU―20(20歳以下)のW杯(決勝は6月15日)が開催される。

 メンバー入りが予想されるFC東京の17歳MF久保が、どんなアイデアで仕掛けながら攻撃陣を操っていくのか、非常に興味深い。

 6月10日はフランスで開催される女子W杯で日本女子代表(なでしこジャパン)が、アルゼンチンとの初戦を迎える。

 そして森保一監督(写真)率いる男子日本代表である。

 6月14日にパラグアイで南米選手権(決勝は7月7日)が開幕。カタールと日本が招待されているので南米勢を交えた12カ国で優勝を争う。

「日本やカタールが優勝しても南米王者と呼ばれるのか?」という素朴な疑問を抱きつつ、代表関連のビッグな大会が近づいてきているというのにサッカーの話題が、巷からあまり聞こえてこないのはなぜなんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る