南米弱小国に1点のみ…森保Jの「致命的欠点」を2氏が指摘

公開日: 更新日:

「日本代表選手たちのハイレベルなプレーが“口直し”になると思ったのですが……」と話すメキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏は、日本(世界ランク27位)―ボリビア(同60位)戦が行われた26日昼に知人から依頼され、静岡市内で高校サッカー部同士の試合を観戦。アドバイスを求められた。

 そこで話した「ボールを扱う、回す、つなぐのは上手でもシュートまでのアイデアがない。ゴールの予感が漂ってこない」と、同じ印象を日本代表戦に抱いて「不完全燃焼感しかない」と言うのである。

 日本代表を率いる森保監督は、22日のコロンビア戦からスタメン全員を入れ替えた。

 サブ組の連係不備は仕方ない部分もあるが、それにしても見せ場がなさすぎた。

 ロシアW杯以来の代表復帰で注目されたMF香川はチャンスらしいチャンスもつくれず、ワントップに入った初招集のFW鎌田はシュートわずか1本に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る