【全米プロ】松山英樹はイーブンで17位T発進「悪くない」

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】

 昨年8月のWGCブリヂストン招待から米ツアー20試合連続で予選落ちナシの松山英樹(27)。

 安定しているようにも見えるが、優勝争いに絡めずに不満が募るシーズンを送っている。現在はフェデックスランクが40位、2年前に2位だった世界ランクも30位まで後退した。

 使用ギアからショットやパットなど課題はいろいろあるが、松山の場合は初日の出遅れも問題だ。

 今季はトップ10スタートが1月のファーマーズ(初日6位↓最終結果3位)の1試合だけ。9位フィニッシュだった2月のジェネシスオープンは初日76位タイ発進。8位に終わった3月のプレーヤーズ選手権も初日53位タイと出遅れている。

 ちなみに過去5勝のうち、2017年フェニックス(初日2位)、16年WGC―HSBCチャンピオンズ(同3位)、16年フェニックス(同1位)の3勝はスタートダッシュに成功して勢いに乗った。優勝争いには初日の好発進が欠かせないともいえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る