下位指名確実の米大学4年生が日本に行きたがっている

公開日: 更新日:

■最下位指名はたった10万円

 昨年の全米ドラフト1巡目(全体8位)のカーター・スチュワート(19)がソフトバンクと契約合意したことで、早くも米国のアマ選手が日本行きに興味を示しているという。米在住のジャーナリストが言う。

「スチュワートの日本行きを知った複数の大学4年生が『日本の方が金を稼げるのか? 俺もぜひ行ってみたいよ』と言っている。彼らは下位指名が確実視されている。かつてのストラスバーグ(ナショナルズ)のような逸材ならまだしも、大学4年生は6月のドラフトで指名されなければ、独立リーグやメキシコなど海外でのプレーを強いられる。メジャー球団は彼らの足元を見て、下位で安く買い叩いているのが実情です。スチュワートが成功すれば新たな潮流が生まれるでしょう」

 前回、2012年以降のドラフトで契約金に制限が設けられたことに触れた。2巡目でも後半の指名なら100万ドル(約1・1億円)に満たないケースがあり、4巡目、5巡目ともなると50万ドル(約5500万円)なら御の字。下位になるにつれ、契約金は急激に少なくなる。昨年のメジャー全体最下位(1204位)でツインズから40巡目指名を受けた外野手のタイラー・ウェブ(23)は1000ドル(約11万円)にすぎなかった。さらに入団後2~3年はマイナー暮らしが続く。給料は月額1000~2000ドル程度(約22万円=遠征中のミールマネーを除く)で、しかも支給されるのは半年間のみ。日本の育成選手(最低保障年俸240万円)以下だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る