巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

公開日: 更新日:

 巨人の上原浩治(44)が昨20日、都内のホテルで現役引退会見を開いた。

 異例のシーズン途中での現役引退を決断した上原は冒頭、「本日をもちまして21年間の現役生活を終えたいと思います」と言うと言葉に詰まり、涙を流した。今季は一軍登板なし。二軍では9試合に登板し、防御率4・00だった。「今年で辞めるのは最初から決めていた。(春季キャンプからの)3カ月が僕の中で勝負と思っていた。3月、4月と練習する中で一度も一軍に上がることなく、二軍でも抑えていないという葛藤もあった。投げられる状態だけど二軍戦で通用していなかった」と理由を説明した。

 メジャーリーガーを経て昨年、10年ぶりに巨人に復帰。「巨人に戻ってくることは正直、考えていなかった。そういう状況で取ってくれた鹿取さん(当時GM)、由伸(当時監督で同い年)には感謝しているし、こういう場(会見)を設けてくれた球団には感謝しています」と頭を下げた。今後については「正直、まだ何も考えてない。明日からどうしようかなという感じ」と笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る