両者ドライバー曲げてばかり 関西OP“歴史的激闘”のお粗末

公開日: 更新日:

【関西オープン】最終日

「(初勝利までは)長かったです。自分のゴルフに徹することができたのが良かったです」

 通算19アンダーで大槻智春(29)と星野陸也(23)が首位に並びプレーオフに突入。4ホール目に大槻がバーディーを奪い、プロ9年目にしてツアー初優勝。喜びの感想をこう述べた。

 それにしても、もつれたプレーオフの「マッチプレー」は何ともお粗末な内容だった。舞台は打ち下ろしの18番パー4(389ヤード)。最終日はティーマークを実測325ヤードに移して距離を短縮し、飛ばし屋ならドライバーで1オン可能な設定だった。大槻と星野はドライバーでグリーンを狙うも左右のラフやバンカーと曲げてばかり。決着がついた4ホール目も大槻は左、星野は右のバンカーにつかまった。星野は第2打を3メートルにつけるもバーディーパットが打ち切れず、第2打を1・5メートルに寄せた大槻がこのパットを沈めて勝負を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る