両者ドライバー曲げてばかり 関西OP“歴史的激闘”のお粗末

公開日: 更新日:

【関西オープン】最終日

「(初勝利までは)長かったです。自分のゴルフに徹することができたのが良かったです」

 通算19アンダーで大槻智春(29)と星野陸也(23)が首位に並びプレーオフに突入。4ホール目に大槻がバーディーを奪い、プロ9年目にしてツアー初優勝。喜びの感想をこう述べた。

 それにしても、もつれたプレーオフの「マッチプレー」は何ともお粗末な内容だった。舞台は打ち下ろしの18番パー4(389ヤード)。最終日はティーマークを実測325ヤードに移して距離を短縮し、飛ばし屋ならドライバーで1オン可能な設定だった。大槻と星野はドライバーでグリーンを狙うも左右のラフやバンカーと曲げてばかり。決着がついた4ホール目も大槻は左、星野は右のバンカーにつかまった。星野は第2打を3メートルにつけるもバーディーパットが打ち切れず、第2打を1・5メートルに寄せた大槻がこのパットを沈めて勝負を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る