サヨナラ打の西武・中村 “好物”交流戦で年俸再アップ狙う

公開日: 更新日:

 交流戦を得意にしているだけのことはある。

 4日、4時間半近いロングゲームに終止符を打ったのが、西武の中村(35)だ。「6番・三塁」でスタメン出場し、延長十二回、無死満塁の場面で、広島の菊池保から左前にサヨナラタイムリー。歓喜のナインに祝福の水を浴びせられた。

 お立ち台では、「山川が打って、トノ(外崎)が三塁に行った瞬間、(5番の)森は敬遠だなと思っていた」 と振り返り、「(交流戦の)初戦は僕のサヨナラヒットで勝てたと思うんで、いい流れでいけると思います」と話した。

 中村は交流戦にめっぽう強い。「おかわりくん」の愛称がついたのも、2005年の交流戦でブレークしたからだ。交流戦の最多本塁打に輝くこと4度。同通算72本は、歴代トップの成績だ。

 中村は年俸4億1000万円の複数年契約が2017年に切れ、同年の契約更改で大幅ダウンとなる単年2億8000万円にサインをせざるを得なかった。昨季は28本塁打、74打点、打率.265と活躍したとはいえ、ケガで序盤を棒に振り、出場試合は97。ただでさえ高額年俸だけにさらなるダウンは免れないと思いきや、中村は海外FA権を行使し、宣言残留。球団としても功労者の中村をムゲにはできず、現状維持の1年契約を結んだ。

 海外FA権という“ジョーカー”を切った以上、年俸ダウンに歯止めをかけられるのは自身のバットのみ。近年は後継者の山川にお株を奪われた感もあるが、今季も8本塁打、33打点と打棒は衰えていない。活躍次第では、年俸ダウンどころか再アップも狙えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

    山田優と娘「GAP」モデルに辛辣な声多く…夫・小栗旬主演「日本沈没」にも“火の粉”?

  2. 2
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  3. 3
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  4. 4
    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

    ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

  5. 5
    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

    阪神・矢野監督ああ悩ましき…佐藤輝の早期一軍再昇格とベテラン糸井の去就問題

もっと見る

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 7
    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

    パパ活で1300万円の高級時計を盗んだ19歳女子大生の「手口と動機と余罪」

  3. 8
    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

    小栗旬夫妻に第3子誕生へ 山田優“母の教え”と夫の操縦術

  4. 9
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  5. 10
    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化

    菅首相が画策か? 衆院選前に“同期の桜”永年在職25年表彰ゴリ押しで国政を私物化