六回までノーノーが…西武今井のKO負けに“硝子のメンタル”

公開日: 更新日:

 将来、エースと呼ばれるための試練だろう。

 28日、西武の今井(21)が楽天相手に六回までノーヒットノーランの好投。しかし、好事魔多し、だ。七回、先頭打者の浅村に初ヒットを許すと、続くウィーラーに二塁打。5番の銀次を遊邪飛に打ち取ったものの、ブラッシュにまさかの逆転3ランを浴びた。

 一度狂った歯車は、こうなると修正不可能。島内への初球が死球となり、さらに辰己に二塁打を打たれ、KOされた。途中までノーノーでも、終わってみれば6回3分の1、5失点だった。

 今井は2016年ドラフト1位指名で作新学院から入団。同年夏の甲子園で優勝投手に輝いており、「未来のエース」と期待が高かった。

 が、まだ19歳だった昨年1月に、喫煙とパチスロが発覚。球団に同年5月までの対外試合出場禁止と、処分解除までユニホーム着用を禁止された。それでも昨季はプロ初勝利を挙げるなど5勝(5敗)と活躍したが……。 ある西武OBは「今井の課題はメンタルです」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る