今季初「3番丸・4番坂本」不発…巨人の“打順イジり”の吉凶

公開日: 更新日:

 交流戦開幕となった4日の楽天戦。巨人原辰徳監督(60)が動いた。

 日刊ゲンダイが4日付の紙面で既報した通り、開幕から全51試合4番で起用してきた岡本和真(22)を初めて6番で起用した。試合前まで打率.246、9本塁打、32打点、得点圏打率.273。昨年6月2日のオリックス戦で高橋由伸前監督が第89代4番に抜擢して以来、昨季は93試合、今季は51試合で4番に座ってきたが、連続4番スタメンの座は144試合でストップした。

 代わりに4番に入ったのは坂本勇人(30)だ。3番はこれまで同様、丸。坂本勇は試合前までリーグ断トツの19本塁打、同トップタイの41打点、同3位の打率.340、同2位の長打率.641。4番は2015年6月27日以来1438日ぶりだった。

 今季は開幕から「2番坂本、3番丸」で戦い、「1番坂本、2番丸」の日もあった。1試合だけ「1番坂本、3番丸」があるが、坂本勇が丸の後ろを打つのは初めて。勝手が違うのか、丸は4タコ。坂本勇は3タコに終わった。九回にビヤヌエバの逆転2ランが飛び出し、勝利を収めたものの、新打順は機能しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る