今季初「3番丸・4番坂本」不発…巨人の“打順イジり”の吉凶

公開日: 更新日:

 交流戦開幕となった4日の楽天戦。巨人の原辰徳監督(60)が動いた。

 日刊ゲンダイが4日付の紙面で既報した通り、開幕から全51試合4番で起用してきた岡本和真(22)を初めて6番で起用した。試合前まで打率.246、9本塁打、32打点、得点圏打率.273。昨年6月2日のオリックス戦で高橋由伸前監督が第89代4番に抜擢して以来、昨季は93試合、今季は51試合で4番に座ってきたが、連続4番スタメンの座は144試合でストップした。

 代わりに4番に入ったのは坂本勇人(30)だ。3番はこれまで同様、丸。坂本勇は試合前までリーグ断トツの19本塁打、同トップタイの41打点、同3位の打率.340、同2位の長打率.641。4番は2015年6月27日以来1438日ぶりだった。

 今季は開幕から「2番坂本、3番丸」で戦い、「1番坂本、2番丸」の日もあった。1試合だけ「1番坂本、3番丸」があるが、坂本勇が丸の後ろを打つのは初めて。勝手が違うのか、丸は4タコ。坂本勇は3タコに終わった。九回にビヤヌエバの逆転2ランが飛び出し、勝利を収めたものの、新打順は機能しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る