G若林プロ1号は値千金 “本命”吉川尚いぬ間に正二塁手狙う

公開日: 更新日:

 巨人の若林晃弘(25)のプロ初本塁打は貴重な同点弾となった。

 7日のロッテ戦。2点を追う四回2死一塁から、ロッテ二木の内角直球を右翼ポール際に運んだ。「いい感触で打球が上がってくれたので、入ってくれと願っていた。あんまりよく覚えていないけど、うまく打てて良かった」と振り返れば、原監督も「素晴らしい。難しいボールだったけど、(打線が)真っすぐ、フォークを打ちあぐねている中で見事」と称賛した。

 桐蔭学園、法大、JX―ENEOSを経て2017年のドラフト6位で入団した。父の憲一さん(66)は大洋(現DeNA)で1972~81年まで両打ちの外野手としてプレー。若林も父親譲りのスイッチヒッターで俊足プレーヤーだ。

 生き残るため、二軍では内外野を守る。前日の楽天戦でプロ初スタメンの座をゲット。初打点を記録していた。2試合連続「二塁」で出場。結果を出した。

 今季の開幕二塁は「本命」の吉川尚だったが、腰痛のため長期離脱中。山本や2年目の同期・田中俊らライバルは多い。“2世”のサラブレッドは、なかなか固定できない二塁のレギュラーの座を射止められるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る