G桜井が先発初勝利 “史上最低ドラ1”返上は生真面目の賜物

公開日: 更新日:

「安心しました。かなり……」

 巨人の桜井俊貴(25)が6日の楽天戦で、新人時代の2016年3月30日以来、1163日ぶりに先発登板。140キロ台後半の威力のある直球と大きく割れるカーブを効果的に使い、8三振を奪った。6回3分の2を3安打1失点の好投で、パ・リーグ首位の楽天打線を抑え込んだ。先発では初となる2勝目を挙げ、冒頭のコメントである。

 今季は中継ぎとして12試合に登板。原監督は「自分の球種をまんべんなく使えたところが良かった。リリーバーとしても非常に良かったけど、先発がやや手薄になったという点で投手コーチと話をして、先発としても可能性が高いのではないのかと。期待通り。いい投球をしてくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 15年のドラフト1位で指名された。それも「外れ」や「外れ外れ」ではない。バリバリの「1巡目での単独入札」だったが、そんな大きな期待を桜井はあっさり裏切った。プロ初先発でいきなり右肘を痛めて離脱すると、復帰後にさらに厳しい現実が待っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る