G桜井が先発初勝利 “史上最低ドラ1”返上は生真面目の賜物

公開日: 更新日:

「安心しました。かなり……」

 巨人桜井俊貴(25)が6日の楽天戦で、新人時代の2016年3月30日以来、1163日ぶりに先発登板。140キロ台後半の威力のある直球と大きく割れるカーブを効果的に使い、8三振を奪った。6回3分の2を3安打1失点の好投で、パ・リーグ首位の楽天打線を抑え込んだ。先発では初となる2勝目を挙げ、冒頭のコメントである。

 今季は中継ぎとして12試合に登板。原監督は「自分の球種をまんべんなく使えたところが良かった。リリーバーとしても非常に良かったけど、先発がやや手薄になったという点で投手コーチと話をして、先発としても可能性が高いのではないのかと。期待通り。いい投球をしてくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 15年のドラフト1位で指名された。それも「外れ」や「外れ外れ」ではない。バリバリの「1巡目での単独入札」だったが、そんな大きな期待を桜井はあっさり裏切った。プロ初先発でいきなり右肘を痛めて離脱すると、復帰後にさらに厳しい現実が待っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る