コース設定から賞金にまで…全米OP主催のUSGAに不満噴出

公開日: 更新日:

 大会直前に多くのトッププロが全米オープンのコース設定に不満を爆発させたが、実は賞金でももめている。

 4年前に米国内での大会テレビ放映が、NBCからフォックスに変わり、全米オープン主催の全米ゴルフ協会(USGA)が手にする放映権料は年3700万ドル(約40億円)から9300万ドル(約100億円)に跳ね上がったからだ。

 ところが、全米オープンの賞金総額は2015年、16年は1000万ドル。17年、18年は1200万ドル。そして今年は50万ドルアップの1250万ドルと微増でしかない。

 4年前まで放映権料の27%が賞金に充てられていたが、今では13・4%にすぎない。つまり、選手サイドは放映権料が値上がりしたのだから、その分を賞金に回すべきだ、という理屈だ。

 実際、今年の賞金総額は「少なくとも1500万ドル、あるいは1800万ドルにすべきだ」という要求も出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る