オリ吉田正の肉体改造に2人の“恩人” 腰痛持ちから開眼の裏

公開日: 更新日:

 球界広しといえど、この人ほどフルスイングする打者は珍しい。

 16日の日本ハム戦で先制2ランを含む4安打3打点で勝利に貢献したオリックスの主砲・吉田正尚(25)のことだ。

 敦賀気比(福井)、青学大を経て、15年のドラフト1位で入団。173センチ、83キロ。野球選手としては小柄ながら、これでもかとばかりに振り回すスイングが災いして、入団後しばらくは腰痛に悩まされた。プロ1年目の16年は63試合、2年目の17年は64試合の出場にとどまった。

「転機となったのはアテネ五輪ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏の指導と、管理栄養士の資格を持つ女房の体調管理だった」と、周囲の関係者は口をそろえる。

 16年オフ、吉田は東京医科歯科大教授でスポーツサイエンスセンター長を務める室伏氏を訪ねた。フルスイングに耐え得る強靱な肉体をつくり上げるためだ。室伏氏とともにトレーニングをしながら、肉体強化に成功。「硬い筋肉はダメ。柔らかい筋肉をつけないと」と、吉田は周囲に話している。室伏氏とのトレーニングは昨オフで3年目になる。17年10月に入籍した管理栄養士の資格を持つ女房の存在もデカい。遺伝子検査や血液検査などから体質を把握、吉田の体に合った栄養が取れるような食事をつくってサポートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る