オリ吉田正の肉体改造に2人の“恩人” 腰痛持ちから開眼の裏

公開日: 更新日:

 球界広しといえど、この人ほどフルスイングする打者は珍しい。

 16日の日本ハム戦で先制2ランを含む4安打3打点で勝利に貢献したオリックスの主砲・吉田正尚(25)のことだ。

 敦賀気比(福井)、青学大を経て、15年のドラフト1位で入団。173センチ、83キロ。野球選手としては小柄ながら、これでもかとばかりに振り回すスイングが災いして、入団後しばらくは腰痛に悩まされた。プロ1年目の16年は63試合、2年目の17年は64試合の出場にとどまった。

「転機となったのはアテネ五輪ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏の指導と、管理栄養士の資格を持つ女房の体調管理だった」と、周囲の関係者は口をそろえる。

 16年オフ、吉田は東京医科歯科大教授でスポーツサイエンスセンター長を務める室伏氏を訪ねた。フルスイングに耐え得る強靱な肉体をつくり上げるためだ。室伏氏とともにトレーニングをしながら、肉体強化に成功。「硬い筋肉はダメ。柔らかい筋肉をつけないと」と、吉田は周囲に話している。室伏氏とのトレーニングは昨オフで3年目になる。17年10月に入籍した管理栄養士の資格を持つ女房の存在もデカい。遺伝子検査や血液検査などから体質を把握、吉田の体に合った栄養が取れるような食事をつくってサポートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

もっと見る