元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

“タケフサ・クボ”目当て 前日の3倍の外国報道陣が練習場に

公開日: 更新日:

6月15日・土

「タケフサ・クボ(久保建英)はスピードとテクニックがあって物凄くいい選手だね」。2019年コパアメリカ(ブラジル)に挑んでいる日本の17日の初戦の相手・チリのスポーツサイト・AS(アス)のパブロ・ベラ・オヘダ記者が絶賛した通り、レアル・マドリード入りが正式決定した18歳の日本人アタッカーの評判を聞きつけて、15日のサンパウロ市内の練習場に前日の3倍もの外国報道陣が集結した。現地はにわかに「クボフィーバー」の様相を呈し始めている。

 ◇  ◇  ◇

 チリとの大一番を2日後に控えた同日午後。カラッとした晴天となった市内のパカエンプー・スタジアムで、森保一監督率いる若きジャパンが練習を行った。

 1950年のブラジルW杯開催に向けて建設され、2014年ブラジルW杯までコリンチャンスの本拠地としても使われた歴史ある競技場で、久保は南米各国の記者から熱視線を注がれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る