エ軍大谷「サイ・ヤング賞の翌年にHR50本でMVP」の現実味

公開日: 更新日:

 13日(日本時間14日)のレイズ戦では日本人選手として初めてサイクル安打を達成。通算3089安打のイチロー(現マリナーズ特別GM補佐)、同175本塁打の松井秀喜(現ヤンキース巡回コーチ)も成し得なかっただけに、大谷は「偉大な先輩がいる中で、初めて達成できてうれしいし、自信になる」と素直に喜びを口にした。

 5月7日のタイガース戦で復帰してから6月16日(同17日)まで、34試合に出場して133打数37安打の打率2割7分8厘、8本塁打、27打点。マリナーズ・菊池、ドジャース・前田と、日本人投手から立て続けに一発を放つなど、6月に入って一気に調子を上げ始めた。

■イチロー提唱の「新二刀流」

 投げてはエース級、打っては長距離砲としての実力の持ち主であることは、新人王を受賞した昨季の働きで証明済みだ(4勝2敗、22本塁打)。投打とも一級品のそんな大谷の起用法に関して、イチローが今年3月の引退会見で「1シーズンは投手、次(の年)は打者として出場。その二刀流は面白い」と提案。さらに「サイ・ヤング賞の翌年に50本塁打打ってMVPとか。翔平はそれが想像できなくない」と期待を寄せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る