エ軍大谷「サイ・ヤング賞の翌年にHR50本でMVP」の現実味

公開日: 更新日:

 13日(日本時間14日)のレイズ戦では日本人選手として初めてサイクル安打を達成。通算3089安打のイチロー(現マリナーズ特別GM補佐)、同175本塁打の松井秀喜(現ヤンキース巡回コーチ)も成し得なかっただけに、大谷は「偉大な先輩がいる中で、初めて達成できてうれしいし、自信になる」と素直に喜びを口にした。

 5月7日のタイガース戦で復帰してから6月16日(同17日)まで、34試合に出場して133打数37安打の打率2割7分8厘、8本塁打、27打点。マリナーズ・菊池、ドジャース・前田と、日本人投手から立て続けに一発を放つなど、6月に入って一気に調子を上げ始めた。

■イチロー提唱の「新二刀流」

 投げてはエース級、打っては長距離砲としての実力の持ち主であることは、新人王を受賞した昨季の働きで証明済みだ(4勝2敗、22本塁打)。投打とも一級品のそんな大谷の起用法に関して、イチローが今年3月の引退会見で「1シーズンは投手、次(の年)は打者として出場。その二刀流は面白い」と提案。さらに「サイ・ヤング賞の翌年に50本塁打打ってMVPとか。翔平はそれが想像できなくない」と期待を寄せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る