釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

久保ら代表諸君「ボールにかじりついてでもゴールを!」

公開日: 更新日:

 南米選手権の初戦で森保ジャパンが、チリを相手に0―4と一方的なスコアで負けを喫した。

 もっともシュート数を見ると日本の12本に対してチリは16本。さして遜色のない数字だし、ゴールの予感が漂うビッグチャンスもあった。それなのに無得点で大差負け……。

 サッカーがゴールを奪い合うスポーツである限り、どうしたらゴールにボールをねじ込むことができるか? これが永遠の課題となる。言葉にすると「決定力の差」ということになるが、これがまた厄介極まりない。

 あまり精神論に走るのもナンだが、自分自身を振り返っても「絶対に決めてやる!」という気概がないとボールはポストなどに嫌われたり、相手GKのビッグセーブにあってしまう。どんなに不細工な格好でも、ゴールネットを揺らしたモン勝ち。かつて後輩ストライカーにアドバイスを求められたときに「ボールにかじりついてでも入れてこい!」と助言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る