釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

久保ら代表諸君「ボールにかじりついてでもゴールを!」

公開日: 更新日:

 南米選手権の初戦で森保ジャパンが、チリを相手に0―4と一方的なスコアで負けを喫した。

 もっともシュート数を見ると日本の12本に対してチリは16本。さして遜色のない数字だし、ゴールの予感が漂うビッグチャンスもあった。それなのに無得点で大差負け……。

 サッカーがゴールを奪い合うスポーツである限り、どうしたらゴールにボールをねじ込むことができるか? これが永遠の課題となる。言葉にすると「決定力の差」ということになるが、これがまた厄介極まりない。

 あまり精神論に走るのもナンだが、自分自身を振り返っても「絶対に決めてやる!」という気概がないとボールはポストなどに嫌われたり、相手GKのビッグセーブにあってしまう。どんなに不細工な格好でも、ゴールネットを揺らしたモン勝ち。かつて後輩ストライカーにアドバイスを求められたときに「ボールにかじりついてでも入れてこい!」と助言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る