友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

秘訣は?プロ未経験メジャーリーグの名監督と名コーチたち

公開日: 更新日:

 ツインズの新任投手コーチ、ウェス・ジョンソンが注目の的になっている。

 メジャーはおろか、マイナーでも全く投げたことがないプロ未経験者で、昨年までは大学野球の投手コーチを務めていた。今季ツインズに招聘され、生体力学を応用した斬新な指導法で弱体投手陣を最強レベルに変身させた。

 メジャーの投手コーチには、投手経験が全くない者もいる。その大半はリードのうまさに定評があった元キャッチャーで、独り善がりの指導に陥りがちな元投手より、元捕手の方が投手に的確な助言ができると評価されて投手コーチやブルペンコーチに採用されている。

 大リーグ史上最高の投手コーチと評価されるデーブ・ダンカン(カージナルスの元投手コーチ)も元捕手で投手経験が全くない。

 現役監督にも全くプロ経験のない人物がいる。カージナルスのマイク・シルト監督である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る