元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

新リーダー柴崎の劇的成長と若い世代の一体感を感じた大会

公開日: 更新日:

6月25日 火曜日

 24日のエクアドル戦(ベロオリゾンテ)を1-1で勝ちきれず、2019年19年コパ・アメリカ(ブラジル)1次リーグ敗退が決まった日本。一夜明けた25日昼、彼らは宿泊していた市内ホテルを発ち、チャーター便でサンパウロに移動。そこから帰路に着いた。出発前に報道陣の前に姿を現した森保一監督は「若手と経験豊富な選手が融合し、全ての選手に成長があった」と晴れやかな表情で語った。

 ◇  ◇  ◇

 南米大陸での対南米勢初勝利が叶わず、徒労感に襲われる中、ほぼ一晩を仕事に費やして迎えた25日朝。ベロオリゾンテは清々しい快晴に恵まれた。朝から眩しい太陽が部屋の窓に差し込み、寝不足の筆者は恨めしい気持ちになった。それでも気を取り直して朝食を摂り、帰国する日本代表を見送ろうと昼には宿泊ホテルへ出向いた。

 手回しのいいことに森保監督も選手たちも早々と帰国の準備を済ませていた。国内組の選手は週末にJリーグの公式戦があるし、欧州組もクラブによっては合宿合流時期が迫っている。移籍先を探さなければならない川島永嗣(ストラスブール)や岡崎慎司(レスター)のような選手もいる。ブラジルの地で無駄な時間を費やしているわけにはいかない。彼らはいち早く次の目標に向かおうとしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る