元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

日本とって大一番のエクアドル戦 観客数は大会ワーストに

公開日: 更新日:

6月24日 月曜日

 中島翔哉(アルドゥハイル)が放ったGKとの1対1のシュートのこぼれ球を久保建英レアル・マドリード)が流し込んだ瞬間、日本の2019年コパ・アメリカ8強進出が決まったかと思われた。だが、主審はオフサイドと判定。VARの確認が行われている間、18歳の久保は両手を合わせて祈ったが、得点は認められなかった。結局、24日のエクアドル戦(ベロオリゾンテ)は1-1の悔しいドロー。若きジャパンのブラジルでの挑戦は不完全燃焼のまま終焉を迎えた……。

 ◇  ◇  ◇

 エクアドルとの最終決戦当日の現地は快晴。気温も日中27度まで上がった。夜のハードな作業に備えて睡眠時間を多めに確保し、昼には知人とランチに出た。ブラジルには「ポルキロ」と呼ばれる量り売りのビュッフェレストランが沢山ある。2013年コンフェデ杯や2014年ブラジルW杯の時にもよく利用したが、今回はこれが初めて。セントロのショッピングセンターにあるOLらが集まる人気店に出向いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  5. 5

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  6. 6

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る