元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

日本とって大一番のエクアドル戦 観客数は大会ワーストに

公開日: 更新日:

6月24日 月曜日

 中島翔哉(アルドゥハイル)が放ったGKとの1対1のシュートのこぼれ球を久保建英(レアル・マドリード)が流し込んだ瞬間、日本の2019年コパ・アメリカ8強進出が決まったかと思われた。だが、主審はオフサイドと判定。VARの確認が行われている間、18歳の久保は両手を合わせて祈ったが、得点は認められなかった。結局、24日のエクアドル戦(ベロオリゾンテ)は1-1の悔しいドロー。若きジャパンのブラジルでの挑戦は不完全燃焼のまま終焉を迎えた……。

 ◇  ◇  ◇

 エクアドルとの最終決戦当日の現地は快晴。気温も日中27度まで上がった。夜のハードな作業に備えて睡眠時間を多めに確保し、昼には知人とランチに出た。ブラジルには「ポルキロ」と呼ばれる量り売りのビュッフェレストランが沢山ある。2013年コンフェデ杯や2014年ブラジルW杯の時にもよく利用したが、今回はこれが初めて。セントロのショッピングセンターにあるOLらが集まる人気店に出向いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る