延長十回に9失点…広島の交流戦最下位はベンチの自業自得

公開日: 更新日:

 見るも無残な9失点だった。

 この日のオリックス戦。0―0で迎えた十回表、広島を悲劇が襲った。

 4番手の菊池保が2死二、三塁までこぎつけたものの、大城に二塁打、小田に三塁打、中川に二塁打、安達に三塁打と4連続長打を浴びて5失点。この間、投手交代をするわけでもなく、ベンチで集中砲火を見守った緒方監督(写真中央)は、ここでやっと5番手・藤井皓にスイッチしたが、時すでに遅し。結局、この回は2死から大量9点を失った。

 広島は0―0の九回裏に1死一、三塁とサヨナラの好機をつくりながら、会沢、長野が凡退。マツダスタジアムが大きなため息に包まれた直後の惨劇だった。4月10日のヤクルト戦では延長十回に12失点しており、延長イニングで9失点以上2度はプロ野球史上初の赤っ恥だ。

「最後こんな点差になってしまって、この3連戦、いい采配ができなかった。交流戦最下位? そういう結果、内容」とは緒方監督。それもこれもベンチの自業自得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    専門家に聞いた 首都圏・大阪のタワマン“水没危険”エリア

  10. 10

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る