延長十回に9失点…広島の交流戦最下位はベンチの自業自得

公開日: 更新日:

 見るも無残な9失点だった。

 この日のオリックス戦。0―0で迎えた十回表、広島を悲劇が襲った。

 4番手の菊池保が2死二、三塁までこぎつけたものの、大城に二塁打、小田に三塁打、中川に二塁打、安達に三塁打と4連続長打を浴びて5失点。この間、投手交代をするわけでもなく、ベンチで集中砲火を見守った緒方監督(写真中央)は、ここでやっと5番手・藤井皓にスイッチしたが、時すでに遅し。結局、この回は2死から大量9点を失った。

 広島は0―0の九回裏に1死一、三塁とサヨナラの好機をつくりながら、会沢、長野が凡退。マツダスタジアムが大きなため息に包まれた直後の惨劇だった。4月10日のヤクルト戦では延長十回に12失点しており、延長イニングで9失点以上2度はプロ野球史上初の赤っ恥だ。

「最後こんな点差になってしまって、この3連戦、いい采配ができなかった。交流戦最下位? そういう結果、内容」とは緒方監督。それもこれもベンチの自業自得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る