原巨人の独走態勢に“待った”かけるか DeNA急浮上の不気味

公開日: 更新日:

 巨人がリーグ戦再開後のヤクルトとの秋田シリーズ2試合に連勝した。

 6月30日の試合は、四回、連続四球を足掛かりに無死二、三塁とし、ビヤヌエバの一飛をヤクルトの一塁・村上が落球する間に同点。1点ビハインドの八回無死一、二塁の場面では、大城の送りバントが前進し過ぎた村上の横を抜ける珍プレー(記録は内野安打)。無死満塁とすると、若林の遊ゴロ併殺打の間に同点に追いついた。

 巨人、大洋(現DeNA)などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏がこう言う。

「とてもプロとは思えないプレーですね。落球もそうですが、八回の大城の送りバントは、強めに当たった失敗に見えた。ヤクルトの前進守備隊形に引っかかった併殺コースが、前に出過ぎた一塁手の横を抜けてしまった。言うまでもないが、普通は横を抜かれない程度に前にチャージするもの。プロではなかなか見ない光景です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る