大船渡・佐々木がプロ重視なら…甲子園出場はむしろ足枷?

公開日: 更新日:

 ラッキーな組み合わせ、と言うべきか。

 26日、高校野球岩手大会の抽選会が行われ、佐々木朗希(3年)を擁する大船渡は初戦(2回戦)で遠野緑峰と当たることが決まった。盛岡大付とは準決勝、花巻東とは決勝まで対戦しない組み合わせ。ノーシードながら“良い山”に入った。

 大船渡の国保監督は投手の酷使を嫌うが、夏の甲子園切符を手にするには6勝しなければならない。トントン拍子に勝ち進めば、佐々木の連投は避けられない。疲労や故障のリスクを懸念するプロスカウトたちは「予選で負けてくれ」というのが本音だろう。

 一昔前まではエースには1人で何百球も投げぬくスタミナや体力が求められた。また、甲子園という大舞台に立つ経験値は唯一無二だといわれ、「甲子園出場はプロに行く条件」とさえいわれてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る