阪神藤浪トラウマ消えず“昇格試験”ヤクルト二軍戦で大乱調

公開日: 更新日:

「立て直すというなら、ちゃんとやってやらないと……」

「ウチなら10勝できるはずなんだけど……」

 阪神藤浪晋太郎(25)について、ネット裏ではこんな声が聞かれた。

 6日のヤクルトとの二軍戦(戸田)、一軍昇格をかけたマウンドで悪癖が顔を出した。

 二回、右打者の塩見への148キロ直球を左肩付近へぶつけると、四回には先頭の浜田から3連続四球。6回を投げて3安打6四死球3失点の乱調で、一軍昇格は先送りになりそうだ。ある球団の編成担当が言う。

「『トラウマ』が消えないのだろう。藤浪が精神的に大きなダメージを受けたのは、2016年に当時の首脳陣から『161球』の懲罰投球を科され、17年4月のヤクルト戦で畠山に頭部死球を与えるなど、9四死球の大乱調になったこと。6日の試合には、ともに二軍にいる畠山や、乱闘時に大立ち回りを演じたバレンティンは出場しなかったが、塩見にぶつけてから、腕が振れなくなった。ここ数試合は好投していたとはいえ、状態が悪い時に修正できないのは相変わらず。昨年から大きな変化は見られない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る