阪神藤浪トラウマ消えず“昇格試験”ヤクルト二軍戦で大乱調

公開日: 更新日:

「立て直すというなら、ちゃんとやってやらないと……」

「ウチなら10勝できるはずなんだけど……」

 阪神藤浪晋太郎(25)について、ネット裏ではこんな声が聞かれた。

 6日のヤクルトとの二軍戦(戸田)、一軍昇格をかけたマウンドで悪癖が顔を出した。

 二回、右打者の塩見への148キロ直球を左肩付近へぶつけると、四回には先頭の浜田から3連続四球。6回を投げて3安打6四死球3失点の乱調で、一軍昇格は先送りになりそうだ。ある球団の編成担当が言う。

「『トラウマ』が消えないのだろう。藤浪が精神的に大きなダメージを受けたのは、2016年に当時の首脳陣から『161球』の懲罰投球を科され、17年4月のヤクルト戦で畠山に頭部死球を与えるなど、9四死球の大乱調になったこと。6日の試合には、ともに二軍にいる畠山や、乱闘時に大立ち回りを演じたバレンティンは出場しなかったが、塩見にぶつけてから、腕が振れなくなった。ここ数試合は好投していたとはいえ、状態が悪い時に修正できないのは相変わらず。昨年から大きな変化は見られない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る