炎鵬は今や大相撲の広告塔 ファン急増し小柄な志願者増加

公開日: 更新日:

「そりゃあ、いい宣伝になりますよ」

 ある親方がこう言ったのは前頭14枚目・炎鵬の活躍のことだ。この日は前頭11枚目・錦木が相手。体重差は80キロ以上だ。立ち合いですぐに錦木の懐に入るも、首を抱えこまれる不利な体勢から、最後は右で前まわしをつかみ力強く寄り切って7勝目を挙げた。

 新入幕の先場所は9日目までに7勝を挙げたが、そこからまさかの6連敗で負け越し。10日目に勝ち越しに王手をかけた今場所は、同じ轍を踏むわけにはいかない。

 168センチ、99キロという幕内最軽量の体格だけでなく、力士らしからぬ童顔で「お相撲さんで一番キュート」と女性ファンが急増中。応援タオルなどのグッズの売り上げも好調だ。

 前出の親方が言う。

「今、勝った瞬間にもっとも歓声が上がるのが炎鵬だろ。人気急上昇だな。小兵の活躍は大きいよ。懐かしい話だが、若貴人気で盛り上がっていた頃(1990年代前半)は年間に200人以上が新弟子検査に合格していた。最近は70~90人前後で、昨年の名古屋場所は入門志願者がいなかったので、新弟子検査をやらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る