36歳の豊ノ島大樹は大ケガから再起をかけモデルチェンジ

公開日: 更新日:

時津風部屋 前頭14枚目

 相撲好きなら、この力士を知らない人はいないだろう。明るくひょうきんで、サービス精神旺盛。バラエティー番組への出演も多い。

 2004年9月場所で新入幕を果たすと、その後は約10年、幕内の常連だった。しかし、16年7月場所前の稽古中に左アキレス腱を断裂。2場所連続休場で、幕下に転落した。一時は引退を考えるも、当時4歳だった愛娘に「相撲をやめないで」と訴えられ、奮起。昨年11月場所で十両に復帰すると、今年3月場所で返り入幕を果たした。

 ケガをする前と後、大きく変化したのが体重だ。以前は140キロ台後半だったが、現在は160キロ。最盛期より10キロ以上、太った。といっても、ケガの影響で稽古量が減って増量した……というわけではない。

「むしろ逆です。ケガをして以降は熱心にジムに通うなど、稽古というかトレーニングに励むようになった。プロテインを飲むようになったのも、ケガの後からですね。以前もジムに行くことはあったが、今ほど熱心だったわけじゃない。だから太ったというよりは、鍛えて自然と体が大きくなったといえるでしょう」(時津風部屋の後援者筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった