36歳の豊ノ島大樹は大ケガから再起をかけモデルチェンジ

公開日: 更新日:

時津風部屋 前頭14枚目

 相撲好きなら、この力士を知らない人はいないだろう。明るくひょうきんで、サービス精神旺盛。バラエティー番組への出演も多い。

 2004年9月場所で新入幕を果たすと、その後は約10年、幕内の常連だった。しかし、16年7月場所前の稽古中に左アキレス腱を断裂。2場所連続休場で、幕下に転落した。一時は引退を考えるも、当時4歳だった愛娘に「相撲をやめないで」と訴えられ、奮起。昨年11月場所で十両に復帰すると、今年3月場所で返り入幕を果たした。

 ケガをする前と後、大きく変化したのが体重だ。以前は140キロ台後半だったが、現在は160キロ。最盛期より10キロ以上、太った。といっても、ケガの影響で稽古量が減って増量した……というわけではない。

「むしろ逆です。ケガをして以降は熱心にジムに通うなど、稽古というかトレーニングに励むようになった。プロテインを飲むようになったのも、ケガの後からですね。以前もジムに行くことはあったが、今ほど熱心だったわけじゃない。だから太ったというよりは、鍛えて自然と体が大きくなったといえるでしょう」(時津風部屋の後援者筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る