36歳の豊ノ島大樹は大ケガから再起をかけモデルチェンジ

公開日: 更新日:

時津風部屋 前頭14枚目

 相撲好きなら、この力士を知らない人はいないだろう。明るくひょうきんで、サービス精神旺盛。バラエティー番組への出演も多い。

 2004年9月場所で新入幕を果たすと、その後は約10年、幕内の常連だった。しかし、16年7月場所前の稽古中に左アキレス腱を断裂。2場所連続休場で、幕下に転落した。一時は引退を考えるも、当時4歳だった愛娘に「相撲をやめないで」と訴えられ、奮起。昨年11月場所で十両に復帰すると、今年3月場所で返り入幕を果たした。

 ケガをする前と後、大きく変化したのが体重だ。以前は140キロ台後半だったが、現在は160キロ。最盛期より10キロ以上、太った。といっても、ケガの影響で稽古量が減って増量した……というわけではない。

「むしろ逆です。ケガをして以降は熱心にジムに通うなど、稽古というかトレーニングに励むようになった。プロテインを飲むようになったのも、ケガの後からですね。以前もジムに行くことはあったが、今ほど熱心だったわけじゃない。だから太ったというよりは、鍛えて自然と体が大きくなったといえるでしょう」(時津風部屋の後援者筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る