大船渡・佐々木朗希に「代理人」騒動 プロ球団は戦々恐々

公開日: 更新日:

「ホントに弁護士さんをつけるんですか?」

 あるセ球団のスカウトが苦笑しながらこう言う。

 大船渡の佐々木朗希(3年)を巡って「週刊文春」(7月18日号)が、テレビ出演する有名弁護士の細野敦氏に代理人を依頼したと報じた一件。大船渡高校は「根拠のない事実とは異なるものでした」とこれを否定。高野連も大船渡に確認し、事実ではないとの回答を得たという。

■高野連「禁止しているわけではない」

 ただ、ここで疑問が浮上する。<そもそも、高校生が代理人をつけるのは可能か>ということだ。

 時代の新旧を問わず、アマ選手にはいわゆる「後見人」がいる。野球部の監督や各地方の有力者、弁護士も中にはいる。しかし、これからメジャー挑戦するようなトッププロならまだしも、アマ選手までもが正式な代理人を立てるとなれば、日本球界に激震が走ることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る