大船渡・佐々木朗希に「代理人」騒動 プロ球団は戦々恐々

公開日: 更新日:

「ホントに弁護士さんをつけるんですか?」

 あるセ球団のスカウトが苦笑しながらこう言う。

 大船渡の佐々木朗希(3年)を巡って「週刊文春」(7月18日号)が、テレビ出演する有名弁護士の細野敦氏に代理人を依頼したと報じた一件。大船渡高校は「根拠のない事実とは異なるものでした」とこれを否定。高野連も大船渡に確認し、事実ではないとの回答を得たという。

■高野連「禁止しているわけではない」

 ただ、ここで疑問が浮上する。<そもそも、高校生が代理人をつけるのは可能か>ということだ。

 時代の新旧を問わず、アマ選手にはいわゆる「後見人」がいる。野球部の監督や各地方の有力者、弁護士も中にはいる。しかし、これからメジャー挑戦するようなトッププロならまだしも、アマ選手までもが正式な代理人を立てるとなれば、日本球界に激震が走ることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る